ソーシャルレンディング運用額 | ソーシャルレンディングのブログ覗いてみました

HOME » ブログで学ぶソーシャルレンディング » ソーシャルレンディング運用額

ソーシャルレンディング運用額

ソーシャルレンディングでの運用額はどうやって決まるのでしょうか?
これはまず投資家の希望を優先できます。
最低でも1〜2万円から投資できるのがこれらソーシャルレンディングの利点ですが、最大ではいくらまで投資できるのか、まとまった投資がしたい方など気になるところでしょう。

これは各案件やソーシャルレンディングで決まっている上限額までとなります。
上限額が独自に決まっていることもあれば、今募集しているその案件で募集されている残金額がそのまま上限となることもあります。
いずれにしても無限に投資できるわけではありません。

個人が投資できる上限額が独自に決まっているかどうかは、各ソーシャルレンディングによって変わります。
場合によっては個人で最大でも100万円以下しか投資できない場合もあります。
高額投資したい方はこれら規定の確認が必須です。
上限は特にない場合は、各案件で募集されている残りの残高が上限額になります。
その範囲で投資できますから、ほかの方が投資する前に手続きすればより高額投資が可能です。

ソーシャルレンディングの運用額はこのようにして決められます。
なお、最低投資額の指定はどのソーシャルレンディングにもあります。
これは最低1〜2万円ほどからスタートできることが多いため、それほど厳しい指定にはなりませんが、これを下回る金額は指定できません。
かなり少額での運用をしたい方は少し注意してください。

このような運用額についての条件でよくおすすめされるソーシャルレンディング業者はあるでしょうか?
高額投資がしたいときはmaneoなどよくおすすめされます。
こちらは大手のソーシャルレンディング業者としていろいろな案件があります。
案件の数も多いですから、見つけた優良案件に高額投資したり、複数の案件に分散投資したりして、結果的に運用額を高められるのです。
また、maneoはキャンペーンとして条件のいい案件が出ることがあります。
このようなキャンペーンは募集金額が高くなっていることもあり、高額投資したい方には向いています。
運用額を大きくしたいときなど、maneoを一度考えてみるといいかもしれません。

ただし、運用額を大きくしすぎるとリスクも大きくなります。
投資する金額はそれを失ったり、一定期間使えなくなったりしても、自分の日常生活に支障がでない金額にしてください。
また、投資は分散させてリスクも分散させるのが基本です。
運用額を高くしたいときなど、特定の案件に高額投資をしても本当に問題ないか、よく確認した上で挑戦してくださいね。