ソーシャルレンディング配当額 | ソーシャルレンディングのブログ覗いてみました

HOME » ブログで学ぶソーシャルレンディング » ソーシャルレンディング配当額

ソーシャルレンディング配当額

ソーシャルレンディングは配当を目当てにやっていることがほとんどでしょうが、配当額はどれくらいになるのでしょうか?
ソーシャルレンディングで募集されている案件では予定利回りという条件が表示されています。
これが配当額の目安になります。
予定利回りは%での表示になっていますが、これが高いほど配当額も高くなります。

ソーシャルレンディングで知っておきたい利回りの相場ですが、5〜8%ほどです。
8%にもなればかなり利回りはいい方で、ソーシャルレンディングの中でも配当額が高くなりやすい案件です。
それ比べると5%ほどの利回りはやや低めですが、これも決して悪いわけではありません。
ソーシャルレンディングの中では標準的な利回りとなるでしょう。

このような利回りで配当額が増減しますが、利回りから具体的な配当額はどのように計算するのでしょうか?
これは投資額にその利回りをかけるといった計算です。
たとえば利回り8%の案件に100万円を投じれば、得られる配当額は8万円となります。
ちなみに利回りは年利計算となっていますから、運用日数が1年未満になるときはその運用期間で日割り計算してください。
たとえば先の条件で運用期間が半年になるときは、得られる配当額は4万円となります。
このようにソーシャルレンディングでの配当額は利回りを基準に決まります。

そして利回りの条件やそれによって得られる配当額は、各ソーシャルレンディング業者によって変わります。
このような配当を目当てに投資するなら、できるだけこれが高い方が嬉しいですよね。
そのような方によくおすすめされる業者はあるでしょうか?

とにかく配当額を第一にする方によくおすすめされているのは、たとえばLENDEXです。
こちらは最近できたソーシャルレンディング業者となり、まだその歴史は長くありません。
運用実績もまだそれほど多くなく、信頼性は大手業者ほど高まっていないのが現状です。
そのため慎重な意見も多いものの、最近ではサービス開始直後に募集された案件が完済となった事例も出てきています。
このようなソーシャルレンディング業者となりますが、利回りの条件はいいため、配当額は高くなりやすい業者です。
その利回りは高いものでは10%ほど、最近でも8%ほどの案件がよく見つかります。
利回りが高いため、配当額も高くなりやすいのです。

とにかく配当額第一で業者を選びたいなら、このような業者を選んでみるのもおすすめです。
また、利回りは各業者で募集されている案件ごとにも変わりますから、なるべく利回りのいい案件を狙って投資するのもいいでしょう。
ただし配当額が高くなりやすい案件はリスクもやや高いこともありますから、リスクも忘れずに確認してください。